ベンチャー支援プラットフォームとは

 「ベンチャー支援プラットフォーム」とは、ベンチャー支援(補助金・委託費等)の申請手続について、申請様式の共通化、法人インフォメーション等のデータベースからのデータ引用、オンライン申請を実現し、手続の大幅な簡素化の実現を目指すものです。

 平成29年2月7日に、NEDOから「ベンチャー支援プラットフォームの構築に関する検討」に係る公募について とした公募が行われました。

 なお、平成29年7月25日に閣議決定したとして公表された、 「平成29年度中小企業・小規模事業者等に対する特定補助金等の交付の方針」では、特定補助金について、中小企業の負担軽減のため、補助金申請手続の簡素化・共通化等においてベンチャー支援プラットフォームを活用する等、申請手続の負担のための見直しを行うとしています。


平成29年度特定補助金等に指定予定の事業一覧( 中小企業庁)

 ものづくり補助金と経営力向上計画(審査における加点) 平成29年

知財経営研究社