トリリオン・センサー(Trillion Sensors)の研究 ~(株)AKT研究所~


本ページのコンテンツ

最終更新日:平成29年4月28日
株式会社アドバンスト・キー・テクノロジー研究所とは
アドバンスト・キー・テクノロジー研究所の単結晶製造技術
トリリオン・センサー(Trillion Sensors)とは
関連リンク

株式会社アドバンスト・キー・テクノロジー研究所とは

トリリオンセンサーの研究


 株式会社アドバンスト・キー・テクノロジー研究所は、単結晶製造装置など、材料科学分野における研究開発型のベンチャー企業です。

 IoT時代の到来に伴い、やがて、トリリオン・センサー(Trillion Sensors) の時代が来ると言われています。

 (株)AKT研究所は、単結晶製造技術を通じて、企業の皆さまのトリリオンセンサーに関する研究開発に貢献いたします。

 
本ページのトップ

アドバンスト・キー・テクノロジー研究所の単結晶製造技術

 (株)アドバンストキーテクノロジー研究所では、酸化ガリウムや、イットリウムバナデート(YVO4)の単結晶の製造が可能な技術と結晶製造装置を開発中です。

 すでに、一定のレベルのデモンストレーションが可能です。

 詳しくはこちらをご覧ください


本ページのトップ

トリリオン・センサー(Trillion Sensors)とは

 IoTと人工知能(AI)の時代が到来し、私たちの生活や生産活動をより効率的にするため、あらゆるものにセンサーを取り付けてデータを収集しようという動きが加速しています。

 トリリオン・センサー(Trillion Sensors)とは、地球上に1兆個のセンサーが使われているような状況をいいます。
 以前から「スマートダスト」といった呼び名でそのような考え方が示されてきましたが、ビッグデータ、AI(人工知能)の浸透とともに、現実味を帯びたものとなってきました。

 センサーデバイスの発展は、次のような方向性が考えられます。これらの要素が、複合化されたものになるでしょう。
 ① これまでは収集できなかったデータを収集できるセンサーが登場する
 ② より高精度・高性能なセンサーが登場する
 ③ 安価になる
 ④ 小型化される
 ⑤ 低消費電力化される
 ⑥ 給電デバイスや通信デバイスと複合化される

 株式会社AKT研究所では、単結晶技術を通じて、トリリオン・センサー時代の到来に備える企業の皆さまの研究開発に貢献いたします。
 当社の技術は、多品種の材料を品質・生産性よく製造することができます。

本ページのトップ

関連リンク

 酸化ガリウム(ガリウムオキサイド)の研究 ~(株)AKT研究所~

 イットリウム・バナデート(YVO4)の研究 ~(株)AKT研究所~

 マテリアルズ・インフォマティクスの研究 ~(株)AKT研究所~

 センサー市場(総務省)

本ページのトップ