特許情報フェア2017 開催情報 ~2017特許情報フェア&コンファレンス~


2017 特許情報フェア&コンファレンスが開催されました

 「2017 特許・情報フェア&コンファレンス」は、2017年11月8日(水)~10日(金)の3日間の日程で開催されました。

 会場は、例年どおり、東京・北の丸公園の科学技術館です。
 開場時間は、10:00~18:00(10日は17:00まで)です。

 入場料は1,000円ですが、無料招待券を入手できます。事前登録のようなものです。

 ※交通・アクセスマップ

 特別フォーラム(開催事務局のWebサイト)
 コンファレンス(開催事務局のWebサイト)
 企業プレゼンテーション(開催事務局のWebサイト)

特許情報フェアとは?

 この特許情報フェア&コンファレンスは、特許情報サービス、特許情報分析サービス、特許翻訳サービスなどを提供する企業が一同に会する、我が国の知的財産・特許関連では、おそらく最大級の展示会です。

 特許情報フェアは、展示、コンファレンス、企業プレゼンテーションがセットの展示会です。

 前回すなわち2016年の特許情報フェアの入場者数(来場者数)は合計で、19,292名だったということです。
 1日目が4,946名 2日目が6,437名 最終日が7,909名ということです。

 一般社団法人発明推進協会や一般財団法人日本特許情報機構などが主催するものですが、経済産業省や特許庁、INPIT(独立行政法人工業所有権情報・研修館)などが後援となっています。

 なお、すでに特許情報フェア2017の出展者の募集は締め切られ、キャンセル待ちということだそうです。

本ページのトップ

知財検定1級 合格マニュアル を展示させて頂きました

知財検定1級合格マニュアルを特許情報フェアで展示しました


 知財経営研究社では、国家検定「知的財産管理技能検定1級(知財検定1級)」の試験対策教材を制作・販売しております。

 2014年の特許・情報フェアでは、バンゼン合同会社様の出展ブースをお借りして(バンゼン様の展示ブースへの集客を兼ねて)、知財検定1級合格マニュアルを出展させていただいたことがあります。

特許情報フェアでの展示


 特許情報フェアの期間中、知的財産管理技能検定1級の「合格者の声」にメッセージを寄せて頂きました方、その他ユーザー様に、お声がけ頂きました。

 また、バンゼン合同会社様によるトークセッション型のプレゼンテーションのモデレーターを務めさせて頂きました。

 2014年当時は、知的財産管理技能検定の知名度は、知財業界においてもまだ今一つという印象でしたが、最近はかなり知名度が上がっていると感じています。

本ページのトップ

特許情報フェア2017の出展対象となるサービス

 次のようなサービスが、特許・情報フェア&コンファレンスで展示・紹介されます。

(1) インターネット・オンラインデータベース・情報提供サービス
 特許情報、技術情報、特許流通情報、工業所有権判例情報、企業情報等

(2) 代行調査検索サービス
 先行特許・技術調査、商標調査、非特許文献調査、出願前調査、代行検索等

(3) 複写サービス
 国内・海外の特許、実用新案、意匠、商標等の複写サービス、海外文献サービス等

(4) 翻訳サービス
 知的財産分野の翻訳サービス、技術情報の翻訳サービス等

(5) パテントマップ作成サービス
 パテントマップ作成、技術要素分析・整理・展開・調査等

(6) 特許関連ソフトウェア
 CD-ROM作成サービス、DB検索ソフトウェア、RDBMS・BPR・ERP関連ソフトウェア等

(7) OA関連機器・情報システム
 ファイリングシステム、光ディスク、CD-ROM、DB検索、情報管理システム、各種コンピューターサーバ製品等

(8) 情報・ネットワーク機器・ソフトウェア
 電子メールソフト、通信ソフトウェア、専用ブラウザ、グループウェア、通信回線、インターネット接続サービス等

(9) ナレッジ・マネジメント関連ツール
 ナレッジ・マネジメント関連ソフトウェア、検索エンジン、グループウェア等

(10)知的財産関連ソリューション・教育
 知的財産戦略構築支援、知的財産活用支援、知的財産評価・知的資産評価、研究開発・事業化支援、知的財産教育・研修・人材育成

(11)不正アクセス・機密情報漏洩・訴訟対応関連
 デジタル・フォレンジックサービス、E-ディスカバリー対策サービス等


本ページのトップ

特許情報フェアの出展者出展社

 2017特許情報フェアの出展者が公表されました。

 今年の特許情報フェアの出展者は、例えば次のような企業や団体です。

 インパテック、WIS知財コンシェル、NRIサイバーパテント、NEC特許技術情報センター、欧州特許庁(EPO)、外国出願支援サービス、工業所有権情報・研修館(INPIT)、知財コーポレーション、テクノリサーチ、東芝デジタルソリューションズ、特許情報サービス業連合会、日本アイアール、日本技術貿易、日本国特許庁、日本特許情報機構、日本パテントデータサービス、発明推進協会、発明通信社、パテントサロン、パテント・リザルト、パナソニック ソリューション テクノロジー、日立製作所、富士通、プロパティ、レイテック
 特許事務所からの出展もあります。


※2018特許情報フェアの情報も分かり次第、お知らせいたします。
 2018年11月上旬ころの開催だろうと思います。

本ページのトップ

知財経営研究社