平成29年度知的財産権制度説明会(実務者向け)の開催情報

特許庁 知的財産権制度説明会

平成29年度知的財産権制度説明会実務者向け)の開催について

知的財産権制度説明会2017 実務者向け 平成29年度


 平成29年度の知的財産権制度説明会(実務者向け)が始まっています。

 知的財産権制度説明会(初心者向け)の日程はすでに終了しました。

 この説明会は特許庁や工業所有権情報・研修館(INPIT)が主催するものです説明会というよりもセミナーと言った方が近いイメージかも知れません。
 知的財産権制度説明会2017は、発明推進協会が運営事務局を務めています。

 「初心者向け」の説明会の後に、「実務者向け」の説明会が行われるのが毎年の恒例です。

 これを書いている時点では、「平成28年度知的財産権制度説明会(実務者向け)テキスト」が特許庁から提供されています。

知的財産権制度説明会(実務者向け)テキスト 平成29年度


 体系・内容ともにとても充実しています。
 知的財産制度説明会のテキストは、初心者向け、実務者向けともに、社内研修等での利用を目的として、テキストを全部・一部ともダウンロードの上、利用できるということです(一定のルールがあります)。

 遠くなく、「知的財産権制度説明会2017実務者向け」の案内が始まると思います。

 なお、知的財産制度説明会のレベルは、知的財産管理技能検定に照らせば、概ね「初心者向け」は2級のレベル、「実務者向け」は、概ね知的財産管理技能検定1級のレベルではないかと思います。
 

 知財経営研究社の出版事業では、知的財産管理技能検定1級の試験対策教材を制作・販売しておりますが、中小企業の知的財産戦略を担う方には、知的財産管理技能検定2級が最もお勧めできると考えております。


国家検定 知財検定1級 合格マニュアル(知財経営研究社)

知的財産権制度説明会 2017 実務者向け


本ページのトップ

知財経営研究社

知的財産権制度説明会(実務者向け)とは? ~参加受付が始まりました~

平成29年度 知的財産権制度説明会 実務者向け

 知的財産権制度説明会(実務者向け)とは、特許庁が毎年行っている、知的財産業務の実務者向けの講習会(セミナー)です。
 特許庁では、企業で知的財産業務に携わっている方、基礎的な内容からさらに進んだ内容に興味がある方を対象に、通常は10月上旬頃から1月下旬頃にかけて、全国主要都市で実務者向けの説明会を開催しています。
 特許庁の職員が、実務上必要な知識(特許・意匠・商標の審査基準やその運用、審判制度の運用等)を分かりやすく丁寧に説明するものです。
 参加費は無料で、参加者には特許庁作成のテキストを無料配布しています。

講義科目

 産業財産権をめぐる国内外の情勢と課題

 職務発明制度の概要

 先使用権制度の活用と実践

 特許協力条約(PCT)に基づく国際出願の国内移行手続

 出願手続の留意点について

 産業財産権登録の実務(移転登録について)

 インターネット出願の概要

 特許協力条約(PCT)に基づく国際出願の手続

 特許協力条約(PCT)に基づく国際出願制度の概要

 商標の国際登録制度(マドリッド制度)について
 〔本国官庁における手続を中心に〕

 意匠の国際登録制度(ハーグ制度)について(手続編)

 商標の審査基準及び審査の運用

 商標の国際分類と類似商品・役務審査基準

 意匠の審査基準及び審査の運用

 特許の審査基準及び審査の運用

 国際調査及び国際予備審査

 国内外で円滑に特許権を取得するために

 特許分類の概要とそれらを用いた先行技術文献調査

 要約書作成のポイント

 実用新案の基礎的要件と審査の運用

 IoT時代におけるビジネス関連発明の利活用について

 審判制度の概要と運用

 意匠の国際登録制度(ハーグ制度)について(制度概要・E-Filing編)

 特許協力条約(PCT)に基づく国際出願制度に関するトピックス

 商標の国際登録制度(マドリッド制度)について〔管理実務〕

 WIPOグローバルデータベース(PATENTSCOPE、商標、意匠)の使い方

 不正競争防止法と営業秘密の適切な管理

 営業秘密侵害事犯への対処方法等について

 知的財産と標準化によるビジネス戦略

 著作権制度の概要

本ページのトップ

知財経営研究社

東京会場での開催予定

東京会場では、下記のとおり開催される予定です。

第1回 10月19日(木) 満席・終了
 場所:銀座ブロッサム中央会館(ホール)
 主なテーマ:先使用権、職務発明、不正競争ほか

第2回 11月2日(木)  終了
 場所:中野サンプラザ(サンプラザホール)
 主なテーマ:実用新案、登録、インターネット出願ほか

第3回 11月20日(月) 満席
 場所:中野サンプラザ(サンプラザホール)
 主なテーマ:商標、マドリッド制度ほか

第4回 11月27日(月)
 場所:銀座ブロッサム中央会館(ホール)
 主なテーマ:意匠、ハーグ制度ほか

第5回 12月1日(金) 満席
 場所:メルパルク東京ホール(ホール)
 主なテーマ:特許協力条約(PCT)ほか

第6回 12月11日(月)  満席
 場所:メルパルク東京ホール(ホール)
 主なテーマ:国際調査及び国際予備審査、審判制度ほか

第7回 12月14日(木) 満席
 場所:銀座ブロッサム中央会館(ホール)
 主なテーマ:特許分類、標準化、審査基準ほか

知的財産権制度説明会 実務者向け 東京会場(銀座)


知的財産権制度説明会 実務者向け 東京会場(中野)


知的財産権制度説明会 実務者向け 東京会場(メルパルク)


知的財産権制度説明会(実務者向け)のテキストの内容

知的財産権制度説明会 実務者向け テキスト

 ご参考までに、現在入手可能な平成28年度の実務者向け説明会のテキストの一覧を示します。

1 特許の審査基準及び審査の運用
2 要約書作成のポイント
3 特許分類の概要とそれらを用いた先行技術文献調査
4 特許情報を利用した技術動向分析について
5 ビジネス関連発明の特許の取り方
6 国内外で円滑に特許権を取得するために
7 特許協力条約(PCT)に基づく国際出願制度の概要
8 特許協力条約(PCT)に基づく国際出願の手続
9 特許協力条約(PCT)に基づく国際出願の国内移行手続き
10 国際調査及び国際予備審査
11 特許協力条約(PCT)に基づく国際出願制度に関するトピックス
12 PATENTSCOPE(パテントスコープ)の概要
13 実用新案の基礎的要件と審査の運用
14 意匠の審査基準及び審査の運用
15 意匠の国際登録制度(ハーグ制度)について(制度概要・E-Filing編)
16 意匠の国際登録制度(ハーグ制度)について(手続編)
17 商標の審査基準及び審査の運用
18 商標の国際分類と類似商品・役務審査基準
19 商標の国際登録制度(マドリッド制度)について〔管理実務〕
20 マドリッド協定議定書(マドプロ)に基づく商標の国際登録制度 〔本国官庁における手続を中心に〕(出願実務)
21 出願手続の留意点について
22 インターネット出願の概要
23 産業財産権登録の実務 (設定登録について)
24 審判制度の概要と運用
25 産業財産権をめぐる国内外の情勢と課題
26 不正競争防止法と営業秘密の適切な管理
27 営業秘密管理指針
28 秘密情報の保護ハンドブック
29 外国公務員贈賄防止指針
30 先使用権制度の活用と実践
31 職務発明制度の概要
32 知的財産と標準化によるビジネス戦略
33 中小企業による標準化のための手引
34 標準化をビジネスツールに


平成30年度2018年度)の開催情報は、分かり次第お知らせ致します。

本ページのトップ

知財経営研究社